美容師としてというよりもはや瀧本良樹として生きてきて良かったと思える

こんにちは!

今日は人生で、美容師人生で一番嬉しいことが起きました

 

6月25日土曜日

 

フリーランスで働き始めて1ヶ月と少しもうフリーランスもなれてきて新しいお客様と出会うのも楽しい日々、薬剤なども慣れてきて思い通りになってきました

 

新しいお客様をさせて頂く喜びに対して

新しいお客様をさせていただくという当たり前だけど当たり前でないことを思い知らされたあの日の事を度々おもいだす、

「僕がなぜフリーランスになったのか」

http://yoshikitakimoto.com/archives/65

 

あの日からよりお客様をさせていただくという当たり前が当たり前でなくなりました

よりお客様を大切にしようと

 

思い続ける日々

そんなに時、朝出勤して店のパソコンを見てるよ瀧本良樹指名で予約が入りました

福田さんという方(フルネームは控えさせていただきます名前だけ許してください)

 

僕はこの同性同名の方を1人しか知りませんCelesteに来てからも1度も同じ名前の人はしてません

前のお店で指名して頂いてた方です、

前のお店で新規でいらした時のこと今でも覚えてます、

前の担当者がやめて来たこと、

前髪矯正でピンピンの前髪に

そのために伸ばしていた長い前髪

 

そして次からは指名で月一で必ず来てくださる福田さん

伸ばしてた前髪も矯正の前髪も僕を信じてバッサリ切らせていただきました

時には仕事の話で熱く話したり僕の仕事に対しての考え方もいっぱい聞いていただきました

 

この人の名前忘れる訳なんてありませんでした、

前のブログにも書いた時に思い出すお客様の1人です、

パソコンの前で涙を流してしまいました

ですがまだ同性同名の可能性もあるので喜びを少し抑え13時30ぷんにまでお客様をしながら待ちます!

当然13時30分までお客様していたので押さないようにきっちり仕事を終え、

福田さんを受け付けで待ちます、

 

で、階段から現れたのは

あの福田さんでした、

やめたことも言えずに急にやめたのに、

そしてドアを開ける福田さん、

その一言目の言葉、

「探しましたよ」

僕はこの言葉一生忘れません

溢れて来る涙を抑え

嬉しさや喜びや驚きや申し訳なささなど色んな感情が混ざりかなりテンパってました、

 

まず席に着き僕は急にやめてしまったことを謝りました、

聞くと僕が急にやめて体調不良だと聞いたが何かあると思い僕の名前で検索をかけて僕の個人ブログに辿り着いたらしいです

そして「僕がなぜフリーランスになったのか」

の記事もすべて読んだと

すべて理解していただけてました、

そのうえで会いに来てくれたと

 

そこまでして来てくださるなんて、

僕は世界一の幸せものだと思いました、

辞めるとき後ろめたさはなかったが、何も無いままやめてしまったことへの罪悪感が少し和らいだ気がしました

そして話しながらカットへ、

「覚えていたら前のカットの感じで」とのオーダー、

忘れる訳ありません!

後ろかりあげてサイドツーブロック

顔周りはレイヤーでつなげすぎず厚みを残してショートカット

そして眉カット

見なくてもできる勢いです

そう思えば今まで指名で来てくださった方も誰が来ても覚えてると思う

これもすごい財産だなと、

 

本当に切らせてもらえることのありがたさが髪を触る事に感じながらカットしていき仕上げへ、

お会計終え

またいつものように毎月は来れないけどまた来ますと言ってくださいました、

毎月なんて来れる訳ありません

家も遠いし家庭もあります今日も土曜日なのに家族サービスもしないといけません

そんな人が時間を費やして来て下さるならいつでもいいです

またいつでもお待ちしております

その時は全力でカットさせて頂きます!

そして最後に

「元気にやっててよかった」と言われました

ここまでしていただいて元気にならないわけがありません!

これから先の分の元気も分けていただいた気持ちです!

一分一秒も無駄にできません

もっともっと自分を磨きもっと胸を張れる自分になりたいです!

僕もこんな素敵な大人に、お父さんになりたいなと思いました

本当にありがとうございました

 

 

 

 

 

1件のコメント

コメントを残す